PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

マイナスはプラスと逆に進むこと

■楽しくなる数学

『マイナスはプラスと逆に進むこと』



※数直線をイメージしてみて下さい。

(覚えていますか?)



■■数学が楽しくなるコツ■■


「足し算+1を『右方向へ1進むこと』とすると、引き算-1は『左方向へ1進むこと』です。」




例題:
3にマイナス2をする( 3-2 )って、数直線上でいうとどういうことですか?




答え:
最初に右に3の位置にいて、そこから左へ2進むこと。

つまり、右に1進んだところにいる。(答えは1)



■■問題■■

1: 1-1 って数直線上でいうとどういうことですか?


答え:
最初に右に1進んだところにいて、そこから左へ1進むこと。つまり、元の位置にいる。(答えは0)


2: 2-3 は?


答え:
最初に右に2進んだところにいて、そこから左へ3進むこと。つまり、左に1の位置にいる。(答えは-1)


3: -1-4 は?


答え:
最初に左に1の位置にいて、それから左に4進む。つまり、左に5の位置にいる。(答えは-5)



---------
■編集後記
---------

足し算引き算も実は同じ「進むこと」なんですが、プラスマイナスで方向が真逆ですよね。

私達の人生はどうでしょう。

例えば、「1-1=0」のような、『プラスなこと』が『マイナスなこと』で相殺されてしまっても、

それを糧にして楽しい未来を築いていく力を持っています。



給料袋をもらったあと、それを無くしてしまったときの悲しみは、

給料袋をもう無くさない!というモチベーションへと変わります。



数学はそういう意味で少し残酷なものかもしれませんね。

プラスとマイナスが相殺されたら0で何も残ることはありません。

しかしそれは数学が完璧な世界だからこそ、起こること。

すごく簡単でシンプルな話でしたが、数学の美しさの一つだと言えると思います。



横浜・神奈川・東京都内で子どもから大人まで、趣味で学びたい人から真剣に数字と向き合いたい方を対象とした
数学教室&家庭教師を行ってますのでいつでもお声かけ下さいませ。

ブログ:大人のための楽しい数学教室
http://imakarasuugaku.blog119.fc2.com/


◇ご意見ご感想はこちら
tanoshisuugaku@mail.goo.ne.jp

■□■□■
横浜で活動する数学物理教師
堀口

分かる!楽しい!数学無料メールマガジン
スポンサーサイト

| 数式の新しい解釈 | 10:41 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://imakarasuugaku.blog119.fc2.com/tb.php/17-ed5af6df

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。