2009年02月 | ARCHIVE-SELECT | 2009年04月

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

方針

1. 気楽に和やかに

まずは数学を気楽に和やかに楽しみます。
少し難しい問題に挑戦し解けたときの感動を味わったり、
簡単な問題を素早く解いてみたり数学の楽しみ方は様々です。

「こんな発見があった!」「この公式にはこんな意味がある!」
好奇心溢れる心で、興味を持って数学と触れ合います。



2. なぜを学ぶ

数学を理解します。
まずは数学を楽しむために数学を理解することが必要です。
教える方は分からないところを親身になって聞き、分かるまで違うやり方で教え続ける必要があります。
理解することで数学により親近感を持つことが出来ます。



3. 広く学ぶ
数学だけでなく科学やそれに関連する他分野も積極的に学べるよう努力します。
物理・化学・生物といった各分野、数学の歴史、数式の科学的意味など同時に学ぶことで
より数学の奥深さを知ることが出来ます。
数学に対して各分野からの多様な価値観を持っていることを理想とします。



4. 学びたいところだけ学ぶ

学びたいところだけを学びます。
学ぶ必要の無いところや苦手分野を無理してやる必要はありません。
得意分野を伸ばすことで最大限数学を楽しむこととします。



5. 数学の楽しさを仲間と共有する

数学の楽しさを関わる人だけでなく
出来るだけ多くの人たちに分かりやすい形で伝えます。
無料メルマガもそのうちの一つの貢献です。

数学が苦手な人が少しでも数学に対して興味を得てくれるよう、
楽しさを伝えることで数学のポジティブイメージを社会に蔓延させます。


6. コミュニケーションを大事にする

お客様の気持ちを考え、思いやることを大事にします。
数学よりもまず、学ぶお客様の気持ちが第一です。
数学を楽しく学べる状況を作れるよう
親身にコミュニケーションを取ります。
スポンサーサイト

| まずは紹介 | 04:25 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。